いろいろとドラクエ

海外版から最新版まで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海外レベリング事情:メタキンを巡って

海外のドラクエ9掲示板でこんなやりとりを見つけた。
'lvelling'を「レベル上げ」の意味で使っている。

なんか、日本と似たような感じで面白かった。
もちろん、日本のほうが恵まれている。
日本だと「配布会行けよ」がありうるので。



--------------
yeah I'm trying to get a good levelling grotto
(is it possible to randomly draw on that with an all MKS floor?)
so I can get up to all those revocations faster.
I dream of a dungeon with a floor perfect for levelling and
a floor perfect for gold farming.
I've heard of such grottoes but assume they're beyond my grasp.

やぁ、今レベル上げにいい地図を発掘しようとしてるところ。
(闇雲にやっててメタキンオンリー地図って引けるかな?)
転生が早くできるようにようにさ。

レベル上げにピッタリの地図と金策にピッタリの地図を
夢に見るよ。
そういう地図があるって聞いてはいるんだけど、
ぜんぜん手に入りそうにない。

--------------
Its VERY rare.
You might be lucky if your 1000th dungeon is that good.
Not saying its impossible...
but some people can play for a week non-stop and not get them.

すっげーレアだよ。
1000枚目で引けたらラッキーだね。
不可能とは言わないけど‥‥
でも、1週間ノンストップでプレイし続けても
ダメだったりするんだぜ。


--------------
...1000th?

At best possible odds, pulling an all-MKS floor is 19/65536.
Similarly, a week non-stop is nothing.
People can play for the equivalent of months non-stop
and never get one. The oods are TERRIBLE.

Short of tagging the All-Gem Slime and All-MKS floor maps,
your best bet for leveling is map manipulation on slime hill.
(Or "The Slime Hill Trick")

‥‥1000枚目って?

最高確率でも、メタキンオンリー地図が引ける確率は、
19/65536だよ。

だから、1週間ノンストップじゃ無意味だね。
何か月やってもだめかもしれない。
まったく、とんでもない確率さ。

メタキンオンリーやゴルスラオンリーにこだわるのはやめて、
スラ丘で地図法(すなわちスラ丘トリック)使った方がいいよ。



--------------

メタキンオンリーフロアは「an all-MKS floor」って
言うんだな。
直訳すると全部メタキンのフロア。
そして、メタルキングは 'MKS'と略すんだね。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/13(木) 21:07:43|
  2. 翻訳問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HPがヒットポイントじゃない!

MP以上に驚いたのがこれ。
HPが 'Hit Points' じゃないのだ、
英語版ドラクエ9では。

IMG_0292.jpg

HPが「ヘルス・ポイント」のコトだって
知ってるよね?

これがなくなると、
アンタ、パタッと死んじゃうんですケド!


※"flapping" はサンディ語。
これはまた別の機会に説明する。


「ヘルスポイント」とは耳慣れないが、
英語では珍しくない言い方らしい。
もちろん、ヒットポイントという言い方もある。

まぁ、どっちでもいいとしても
なぜ日本語版と違う言い方にしたんだろう?

謎だ。
  1. 2012/06/06(水) 20:14:19|
  2. 翻訳問題
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

MPが日英で違う

Picture 546
HPはヒットポイント、
MPはマジックパワー。

ドラクエでは昔からそう言われていた。
なんでマジックポイントじゃないの?
とは、よく思ったが。

英語版でMPは、'magic points' だった。
こっちのほうがすっきりするな。

IMG_0367.jpg

MPは、'magic points'のコト。
呪文や特技を使うときに必要よ。

賢く使いなさい。
じゃないと、後悔するヒマもなく
死んじゃいますから。
  1. 2012/06/03(日) 18:40:49|
  2. 翻訳問題
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「急がば回れ」でゴーレム会心

golem.jpg

以前にも書いたが、海外版ではいくつかのクエストで
条件が緩和されている。

その最たるものが武闘家の秘伝書クエスト。

通常攻撃による会心の一撃で
ゴーレムを倒さなければならないのだが、
日本語版では、その数が10体。
海外版では、それが3体なのだ。

このクエストはほとんど運頼み。
時間がかかって面倒なだけで、
あんまり面白くない。

レンジャーの秘伝書を先に取って
HPを減らしておく、などの対策が
あることはあるのだが、
それをやってもやっぱり面倒。

海外版は日本版での評判をふまえて
改善されたのだろう。

さて、そのクエストの名前。
日本版では「ぶとうかのきわみ」

武闘家の秘伝書を手に入れるクエストだから
分かりやすいと言えばそうだが、
芸もひねりもない。

海外版ではこれが、

'Slowly, slowly critty Golem' だった。
'critty'という単語は初耳。
調べてみても出てこない。

'Slowly, slowly' という出だしが
いかにもそれっぽいので、
マザーグースあたりが由来かと思って
調べてみたが、違った。

これは次の慣用句にもとづいていた。
'Slowly, slowly catchy monkey'

Googleで 'Slowly, slo'まで入れると
予測候補に現れたから、
それなりにメジャーなのかもしれない。

意味は、「ゆっくり辛抱強くやることで
目的が達成できる」ということだ。
日本の「急がば回れ」に近い。

'catchy monkey' の部分が、
「お猿を捕まえられる」ということで、
目標達成の比喩みたいだ。

'catchy' は日本語にもなっている
「キャッチー」ではなく、
'catch ye' = 'catch you'
(倒置)
なのだろう。

これも英語版の方が気が利いてる感じがした。
  1. 2012/05/30(水) 22:21:24|
  2. 翻訳問題
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「ねこまどう」も英語版の勝ち

猫魔道3
ドラクエ9にはカワイイ魔物がよくいる。
序盤に出てくる「ねこまどう」もその1つ。

こいつ、「かおをあらう」という
ムダ行動をするのが
マヌケでカワイイ。



もっと評価されていい気がする。
猫好き必見!は言いすぎかもだが。

もしかして名前で損してないか?
「ねこまどう」じゃ芸も可愛さもない。

英語版では、'Meowgician'。

猫の鳴き声 'Meow'と
魔法使い 'Magician' からの造語だろう。
訳すなら「ニャどうし」?「ニャほうつかい」?

日本語より気が利いていると思った。


  1. 2012/05/27(日) 11:42:52|
  2. 翻訳問題
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。